乾燥状態がずっと続いて髪や肌の保湿対策に、どうしたらいいのかしら❔とお客様から良く質問されました。

 

1)シャンプーのやり方
できるだけ髪と髪をこすり合わせない様にし、優しくマッサージするようなイメージでシャンプーをします。洗い残しや濯ぎ残しも髪を傷める原因となる為、泡がなくなっても少し時間をかけてしっかりとすすぐ様にしましょう。シャワーの温度は35~38℃くらいがベストで、温度が低すぎると汚れが落ちないですし、高すぎると皮脂が落ちすぎて乾燥に繋がるリスクもあります。

2)タオルドライのやり方
濡れた髪をタオルでゴシゴシ拭くのもNGです。シャンプーの時と同じで濡れたかみをこすり合わせるのは髪の乾燥に直結します。タオルドライはまずは頭皮の水分をしっかりとふき、髪の中間から毛先はタオルで挟むような感じで水分を拭き取りましょう。タオルを2枚程使い水分をなるべく取りきる事でドライヤーの時間を短縮すると同時に髪の負担を減らすことができます。

3)ヘアーオイルやヘアークリームを使う
洗い流さないトリートメントとも言われるドライヤー前に使うトリートメントを使用しても乾燥はかなり抑えられます。このとき、アルガンオイルやバオバブオイルなどの油脂やエルカラクトンなどのエステル系が配合されたものだとより良いとおもいます。油脂は皮脂に近くしっとり感を与えてくれ、エステル系は湿気から髪を保護しハリ、コシも与えてくれます。
オイル⇒一番しっとり(普通~剛毛向け)
クリーム⇒ややしっとり(普通~剛毛向け)
乳液、ジェル⇒サラサラと軽い(軟毛~普通)
洗い流さないトリートメントを使用することでドライヤーの熱から髪を守ったり、逆にねつを利用して髪に栄養を浸透させることもできます。お風呂で使うトリートメントよりも乾燥を防ぐ力は強いので、うまく活用すると良いでしょう。

少しは参考になったでしょうか。冬の乾燥は髪にも肌にもありがたくないですね。