春になるとやって来る厄介なもの…
「花粉症」です。毎年対策に追われる忙しい日々を過ごしている方も多いですよね。花粉症の怖さは花粉症でない人には、あまり理解できないかもしれませんが、日常生活に支障が出るほど大変なものなのです。花粉症の一般的な対策は皆様もご存知かと思いますが、実は鼻や口、目だけではなく、髪もしっかりと花粉症対策をする必要があるのです。

花粉が髪に与える影響とは?
花粉が髪に与える一番の影響は「頭皮のアレルギー反応」です。抜け毛や薄毛の原因は色々有りますがその中の1つに「アレルギー反応」があります。花粉が髪に付着することによって起こる頭皮のアレルギー反応により、毛穴が炎症を起こすと正常な毛髪が作られなくなり、抜け毛や薄毛が増えてしまうのです。
花粉が髪に着くと花粉症の症状も重くなる!?
花粉は髪の繊維に絡みやすく、静電気を帯びていると余計にくっついてしまいます。自分の髪に大量の花粉がくっついても気付かずに過ごす場合が多いのです。常に花粉に囲まれた状態になるので、花粉症の症状もドンドン重くなってしまいます。何だか症状が重い...そんな時は髪に大量の花粉が付着しているのかもしれません。

髪の花粉症対策
◎出掛ける前の髪の花粉症対策
「露出を減らす方法」髪の露出を減らせば花粉が付着するのを防ぐことが可能です。ロングヘアーの方はお団子やポニーテールなどのまとめ髪など良いと思います。つばの広い帽子を被るのもお勧めです。また、花粉は髪の静電気で付着しやすくなる為、乾燥を防止するトリートメントを付けるのも効果的です。出掛ける前にトリートメントをしてあげるとUVケアにもなるので、一石二鳥です。

◎出掛けた後の髪の花粉症ケア
最初に玄関先で髪の花粉を落とします。特に花粉症の方は必ず玄関先である程度の花粉を払い落としましょう。ブラシを使ってブラッシングするのをお勧めします。次に出来るだけ早くお風呂に入りシャンプーをします。頭皮がデリケートな方、花粉症などのアレルギーをお持ちの方は優しくシャンプーをしましょう。お風呂から上がった後は翌日の乾燥対策も含めアウトバストリートメントをお勧めします。洗い流さないトリートメントなど…